FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会改革


仙台圏で益々の発展を続ける「利府町」がある
町の庁舎も近代的な建物で自然エネルギー活用し

議会改革も進み全国町村の広報コンクールで常に上位をキープし
住民に議会活動を 解りやすい 親しみやすい
読んでもらえる「議会だより」を委員が積極的に取り組んでいる

こんな時に今月20日付けの「河北新報」に市民が採点と
1ページ目にデカデカとの記事があった

仙台市議60人の通信簿公開だという
態度と質問力を市民団体「議会ウォッチャー・仙台」が採点

居眠り・抽象的質問・・・に
100点満点で採点 「最高点31点」だという

2007~2010の代表質問と一般質問を検証
1.事前・現場調査
2.他都市との比較
3.改革案 を基準に採点した

本会議中の 離席51 居眠り65 私語68だった

採点のベストテンが2期以下の議員だった

100点満点で最高31点 10~20点代が13人で
平均点が「8点」で 0点が6人
質問に立たなかった8人は「失格」だという

0点と失格の14人の内 5人は態度でもワーストテンに入る
通信簿の発表会には110人が集まった
市民の関心・認知度はまだこれから・・・

本義会という一部の内容の評価だと議長はいう
調査活動の発表の場で 活動報告が本会議が行われる
地域活動の問題点の「一般質問」での市政を正す意味がある

「改善する所は改善する」「信頼を得る為に頑張っている」
と言い 非常に残念と話す

****
我が身を「戒める」意味においても
この記事の内容を真摯に受け止め更なる活動をしていきたい

事前に当局・部署から聴ける事の質問は
本会議場での質問に相応しくないとも言う 
事務局の指導の元で実践している

****
町から第一次産業の21年度のデータをもらってきた。共販取扱が19億9970万で、前年より270万円の増となっている。第一次産業の漁業は「自然の大きな恵」であり、市場水揚げの、17億1100万を加えると、37億1070万円となる。その他に金融部門をたした数字が漁協の志津川支所の売上となる。しかし、22年度は「鮭漁」「カキ養殖」の大打撃があり、漁協の減収は間違いなく、町の税収も落ち込みとなるだろう。
 この大きな漁業からの収入は、町の税収の大きな力となっている。色々な町の支援はあるものの、昨年の津波被害での町の災害支援はというと、「激甚災害」への指定はあるものの、被害の数字や施設のみで海産品被害には支援が薄い気がする。町の収入の根幹でもある漁業は町が守らないで、漁協・漁民任せであり、町の職員や首長が漁業に精通していない事も、関係がある気がする。
 第一次産業で加工業者や商店があり、販路と言う面では大きな力となっているが、漁民がもっと「収入増」となる環境づくりが、これからの「我が町」の疲弊の阻止への、大きなカギとなるように思う。漁業は止めますという「高齢者」がいた、先祖代々続く漁師の声。後継者問題は総ての業種にあるものの、自然の大きな恵のある「我が町」への、漁業に夢を馳せる「担い手出現」と「担い手受け入れ」など、町として取り組める事を、積極的に町外へのアピールも必要だ。

町の林業は後継者はなく、担い手の確保に「森林組合」が動いています。組合での研修期間の一年と終えると、職員として採用され山林の整備に働いていると聞きました。その数が30~40名と聞き驚きました。何気なく毎日「我が町」の周辺の山を見ていて、何も変わらないと思っていた。日曜日以外この人数が山に分け入っている事実、森林整理や環境改善に働いている。国の政策としてCO2の削減を目指し、一次産業の見直し政策展開は、食料や生活資材の国内での自給供給がこれから必要との観点だ! 町にとってやはり「第一次産業」は守らなければいけない産業だ。

****
商工会工業部会懇談会が先頃あった
工務店の経営は現在何処も厳しい状態に町はある

建設職組合より「リホームへの補助金制度」が陳情された
この件が前に進んだと工務店社長はいう

200万円の助成金が計上されたという
リホーム建設費10%を助成する

200万のリホームで「10%」が20万円となる
10人で助成は終わる

気仙沼市のリホーム・トイレの工事に5千万補助がある中で

公務店は町内に多く存在する
それで「200万円」の予算計上はこの業種を町は
どのように捉えているのだろう?

****
住宅の地元工務店の仕事の増加は
関連する町の事業所にも大きな活性化の波となる

基礎建築に建設会社 左官業・建具・水道
また地元「三陸産材」の需要の拡大ともなる

まずは地元事業所の活性化が今の重要課題である!

安い建設費の「ハウジングメーカー参入」は町の景気停滞解決とはならない
地元の工務店の「競争力」のなさを行政がカバー支援し
この部分からの「町の復興」を検討する意義を感じる

来月2日から開会となる「南三陸町議会」
町民の採点はいかに?
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

サウザンドリーフ

Author:サウザンドリーフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。