FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁業振興復活・後継


また昨日も津波が発生した
海底の水産品への被害は町では調査中だと思う

大船渡などの震源地に近い漁村の 
「かき養殖」のいかだ被害がテレビで流された

一次産業は自然相手で手厚い町の支援が必要で
観光の基礎である「食」の根幹を担っている

こうした観点から担い手・後継問題の山積の漁業
町の支援の取り組みを質問した

一問目
昨年の津波の影響と、海水温上昇などの異常気象による漁業被害は漁民への大打撃となり、総ての水産品への減産減額となりました。志津川支所では、秋さけで50%減で約3億のマイナス、カキは40%減の約3億減、銀ざけ養殖も海水温が高いため、成育が順調とならず25%減の3億マイナスとなったと、漁業関係者から聞きました。今年の異常水温は、ホタテ・ホヤなど、南三陸町の漁業者への減収ともなりました。
 漁業共済加入は、こんな現状では欠かせなく、漁民にも加入を推進しているが、水産品の価格が低迷し加入は厳しいとの声も聞きます。漁業共済へは国も共済掛金が高いが75%前後の助成もあるとの事ですが。今後予想される、異常気象や、自然災害から漁民の生活を守る町の支援対策は何か考えているのでしょうか。

二問目 
宮城県内の漁業者は5千人と言います。南三陸町志津川地区には850人が従事して、県内の6分の1と大きな比率をしめています。
 漁業も高齢化が進み65才以上が49%で、24才以下が4%と町の漁業にも大きな不安があります。全国でも年々、漁船・漁民も減っていますが、南三陸町にとっては、町経済の根幹と私は思っています。
 南三陸町全体の20年度の漁業従事者数は1365人で家族945人、雇用にも420人と町統計表にあり、金額では21年度で志津川が26億で歌津が約20億となり、45億7600万円と、大きな収入源として町を支えています。
 激甚指定されてはいるものの、補助助成の規率は厳しく、施設への支援にとどまっている。県・町からも支援金は出ているものの南三陸町の産業主体でもあり、今後どう守って行くのか。町長の考えを聞かせて下さい。

養殖業の方に朝話しを聞くと
昨日の津波で海底は渦を巻いていたという

見に行くのが怖い! 又の被害を予想していた
自然の天災はどうにも出来ないが
町民としての漁民の生活を守る責任は町にある

一部の町民だけではなく広く町を守る体制を
今の町政に求める

この意味を込め
「第一次産業の衰退」を未然に防ぐ対策をお願いしたい

スポンサーサイト

一次産業は町の根幹


一般質問は「第一次産業」の振興と支援について
町長に質問しました

「観光立町」を目指す南三陸町にとって、自然の保全と、観光地整備と共に、「食」を目的に来町する観光客には、第一次産業の産品の生産は根幹であり、生産支援は欠かせない。南三陸町の山の幸・海の幸の確保維持の為にも、第一次産業の後継者離れや防止、担い手の問題は、早急に対策を講じないといない。
① 農家への戸別所得補償事業への周知徹底と、集落営農への取り組みを、JA南三陸と協力して推進する新たな考えはないか。
② 漁業は世界的な気候異常の中にあり、安定した経営状況が保てない現在、災害発生時の支援に、益々の町としての取り組みと、水産品のブランド化と販売ルートの、更なる開拓と発信の考えは。
③ 林業は後継者・担い手問題を抱えている。その対策と支援は。
また南三陸産木材の公共建築物利活用や、「ブランド化」への町としての取り組みは。

私は観光には生産者と加工業者と商店の
連携や共動が必要で 共に助け合い 共に潤う体制づくりが
町の経済を発展させると思います

総ての業種にお金が回る南三陸町に
行政の「私心」を捨てた取り組みを願います

議会改革


仙台圏で益々の発展を続ける「利府町」がある
町の庁舎も近代的な建物で自然エネルギー活用し

議会改革も進み全国町村の広報コンクールで常に上位をキープし
住民に議会活動を 解りやすい 親しみやすい
読んでもらえる「議会だより」を委員が積極的に取り組んでいる

こんな時に今月20日付けの「河北新報」に市民が採点と
1ページ目にデカデカとの記事があった

仙台市議60人の通信簿公開だという
態度と質問力を市民団体「議会ウォッチャー・仙台」が採点

居眠り・抽象的質問・・・に
100点満点で採点 「最高点31点」だという

2007~2010の代表質問と一般質問を検証
1.事前・現場調査
2.他都市との比較
3.改革案 を基準に採点した

本会議中の 離席51 居眠り65 私語68だった

採点のベストテンが2期以下の議員だった

100点満点で最高31点 10~20点代が13人で
平均点が「8点」で 0点が6人
質問に立たなかった8人は「失格」だという

0点と失格の14人の内 5人は態度でもワーストテンに入る
通信簿の発表会には110人が集まった
市民の関心・認知度はまだこれから・・・

本義会という一部の内容の評価だと議長はいう
調査活動の発表の場で 活動報告が本会議が行われる
地域活動の問題点の「一般質問」での市政を正す意味がある

「改善する所は改善する」「信頼を得る為に頑張っている」
と言い 非常に残念と話す

****
我が身を「戒める」意味においても
この記事の内容を真摯に受け止め更なる活動をしていきたい

事前に当局・部署から聴ける事の質問は
本会議場での質問に相応しくないとも言う 
事務局の指導の元で実践している

****
町から第一次産業の21年度のデータをもらってきた。共販取扱が19億9970万で、前年より270万円の増となっている。第一次産業の漁業は「自然の大きな恵」であり、市場水揚げの、17億1100万を加えると、37億1070万円となる。その他に金融部門をたした数字が漁協の志津川支所の売上となる。しかし、22年度は「鮭漁」「カキ養殖」の大打撃があり、漁協の減収は間違いなく、町の税収も落ち込みとなるだろう。
 この大きな漁業からの収入は、町の税収の大きな力となっている。色々な町の支援はあるものの、昨年の津波被害での町の災害支援はというと、「激甚災害」への指定はあるものの、被害の数字や施設のみで海産品被害には支援が薄い気がする。町の収入の根幹でもある漁業は町が守らないで、漁協・漁民任せであり、町の職員や首長が漁業に精通していない事も、関係がある気がする。
 第一次産業で加工業者や商店があり、販路と言う面では大きな力となっているが、漁民がもっと「収入増」となる環境づくりが、これからの「我が町」の疲弊の阻止への、大きなカギとなるように思う。漁業は止めますという「高齢者」がいた、先祖代々続く漁師の声。後継者問題は総ての業種にあるものの、自然の大きな恵のある「我が町」への、漁業に夢を馳せる「担い手出現」と「担い手受け入れ」など、町として取り組める事を、積極的に町外へのアピールも必要だ。

町の林業は後継者はなく、担い手の確保に「森林組合」が動いています。組合での研修期間の一年と終えると、職員として採用され山林の整備に働いていると聞きました。その数が30~40名と聞き驚きました。何気なく毎日「我が町」の周辺の山を見ていて、何も変わらないと思っていた。日曜日以外この人数が山に分け入っている事実、森林整理や環境改善に働いている。国の政策としてCO2の削減を目指し、一次産業の見直し政策展開は、食料や生活資材の国内での自給供給がこれから必要との観点だ! 町にとってやはり「第一次産業」は守らなければいけない産業だ。

****
商工会工業部会懇談会が先頃あった
工務店の経営は現在何処も厳しい状態に町はある

建設職組合より「リホームへの補助金制度」が陳情された
この件が前に進んだと工務店社長はいう

200万円の助成金が計上されたという
リホーム建設費10%を助成する

200万のリホームで「10%」が20万円となる
10人で助成は終わる

気仙沼市のリホーム・トイレの工事に5千万補助がある中で

公務店は町内に多く存在する
それで「200万円」の予算計上はこの業種を町は
どのように捉えているのだろう?

****
住宅の地元工務店の仕事の増加は
関連する町の事業所にも大きな活性化の波となる

基礎建築に建設会社 左官業・建具・水道
また地元「三陸産材」の需要の拡大ともなる

まずは地元事業所の活性化が今の重要課題である!

安い建設費の「ハウジングメーカー参入」は町の景気停滞解決とはならない
地元の工務店の「競争力」のなさを行政がカバー支援し
この部分からの「町の復興」を検討する意義を感じる

来月2日から開会となる「南三陸町議会」
町民の採点はいかに?
 

行政思考の大改革を!


 昨日の三陸新報に、南三陸町議員の名誉棄損訴訟「和解が成立!」との記事があった。昨年から一部の地区から声があがったが、この事件を知る町民は少ない。議員が、現在は地元に居ないが町民を訴えた裁判である。現社会は首長が議会を批判し解散へ、住民・議会が首長をリコールなどの話しは聞くが、こんな裁判となる事はあまり聞かない。議員ならばそうなる前に対処するだろう。
 訴訟は「男性議員が婦女暴行未遂事件を起こした」という公開質問状を町議会に提出するなどした女性を、男性町議が「事実に反する噂を流されて名誉を傷付けられた」と三百万円を求めて訴えた。和解内容は明らかにされていない。と言う、何かがおかしい?

****
議会と住民の懇談会の中で出された多くの
行政・議会への質問があるが

今回の「議会広報だより」で行政からの答えと
三常任委員会の総務・民教・産建からの答えと
南三陸町議会への質問などの答が掲載された

多くの住民の疑問・質問・期待・要望の中から
今直ぐにでも解決を必要とする事への回答が記された

****
議会広報特別委員会での
議会広報先進地である「七ヶ浜」「利府」の二つの町を調査した

「議会だより」作成は定例会が終了後4週目の発行とし
2年間の任期が広報委員にはあり就任すると共に

2年間の役割分担を決め
また1年間の取り組みも年頭に当たり決めている

定例会が開催前に既に広報委員の行動がある
自分の「一般質問」のある中で
責任を持ち期間まで自分の割当の分のページの原稿を
議会開催でその議事が終わると同時に
記事のまとめに取りかかる

片手間出はない「議会だより」の作成に役割の重さを感じる
議員は町政の町民の「パイプ役」としての役割が主体と思っていた

議会議員は「専門職」としての活動を色濃く感じた

読みやすい・隠す事無く・議会の情報を住民に伝える事が責務だった

****
議会広報の価格が他町との違うが「広報調査懇談会」で議題になる

今年度の全国町村議会「議会だより」コンクールでは
「七ヶ浜議会だより」が全国一位となり
「議会だよりりふ」が特別優秀賞の一位に準ずる賞を取った

この二つの議会だより作成は石巻の印刷業者の受注で
価格は通常の半額で デザイン力もずば抜けている

成作にあたり委員会のメンバーの「レンアウト」を元にデザインし
原稿は委員が担当するものの全員での最終確認をし
議会事務局は内容面よりも業者との成作での係わりを主体としている

両町とも7~8社の指名競争入札を行うという

価格面での調査では担当の議員が
地域にも印刷業者はいるが価格面・スピードの面で希望の
「議会だより」が出来ないという

一番に上げたのは印刷費は町民の税金で出来るだけ「安く!」を上げ
残った予算を「無駄遣い」することは 町民からの税金としての町予算を
有効活用する事に繋がらないと言う

私にとっても「痛い!」実情を聞く事となった

****
南三陸町は人口減少の一途でそれに引き替え
2つの町は仙台市の「ベットタウン」として人口増加の中にある

南三陸町には印刷業者3社があり20人前後の生活を支えている
価格のみの判断での町外への 各種の「広報」の印刷を出すとなったら
地元の雇用は半分になる それは行政の仕事依存しているから

しかし町財政難は各種税金の他町と比較し高い税率となり
病院への財源支出も年々増え続けている現実に

「痛みの伴う改革」という取り組みは避けて通れない事を感じる
我が社の行政の依存率は「15%」でこれが無くなったとしても
大きな経営の問題はないが

他者のこの比率の残り分の依存度の影響は経営体形の大改革となるだろう
余計な町の財源の支出削減は行政最大の課題です

****
平成17年の国政調査による単純に就業人口から就業者数で割合を出すと
第一次産業の率は26 二次は29 三次は44.4となる
23年度推計だと一次は23%となるが それ以上に現実は
人口減は加速し 遊休農地増加 担い手が無いなど
一次産業は益々南三陸町で厳しい物となっている

そして今回の「TPP」環太平洋の関税撤廃があり
近々ではないものの6月に最終決定を政府がし
品目の課税対象が税率が「0」へと向かう

一次産業の「ブランド化」の取り組み促進を早急に進め
組合の新体制形態への改善が求められる

ケレビでの他の地域での農家は「大歓迎!」と言うが
農家を続けるのは「無理」と将来への悲観的な考えが大半である

現在の国の「食料自給率」は40%だが TPPが本格化かると「12%」にも落ち込む
世界が経済不安の中で「食」は本当に確保されるのだろうか

サービス業への依存を深める中で「第一次産業」の疲弊への
そのままの進行は町財政に大きな影響となる

「生かさず殺さず」と漁業者が言っていた
本当に政府はこんな考えなのか

昔の政権は票の獲得に「農業支援」と声に叫んでいたが
第一次産業従事者の減少で 取り組みが軽くなっている感じを受ける
票を獲得する時ばかりでその後の態度に違いが大きい

ちなみに七ヶ浜町は17年の国政調査で一次が4.4%で三次が64.8%だった
地域の産業形態は違うが 利府町も同じぐらいで仙台都市圏となっていた

農村・漁村の「利点」を大きく発揮する為にも
将来に向けた産業形態を組合と行政が一体となり考え
「生産物」ありきで「工業」「サーピス業」が成り立つ

****
県議会議員選が「無投票」でなくなりそうだ
ぜひ選挙で気仙沼・本吉の3人の代表を選ぶ事となることを祈りたい!

政治改革


「おめのせいだ!」と友人から言われ「ショック」

今の立場となり仲間には迷惑を掛けてしまっている
ある予算が削られ「0円」となった

「おめのせいだ!」はジョークなのだろうが
変な予算の使われ方を随所に感じる
また「議会」で行政に! 各部署で聴けない・言えない部分は
直接聞いていこうと思う

日増しに町民の方より「この事はどうなったいる?」と
行政に聞いて欲しいと言われる

今年は寒さのせいで降雪の道路の凍結や道路の整備を
何とかして下さいと言われる

町道は町の管理で 民家へ続く私有地へ続く道路は
自己での整備だという

しかし高齢化・独居老人が山里で暮らす事への
生活支援は町の仕事だと私は思う

****
選挙の無い町となることは「町の活性化」とはならない

選挙がある事で人が動き 物が動くと言われる
気仙沼・本吉地区の「県議会議員選挙」は無競争となる
公算となっている

昔は「阿部権」「後藤三郎」などが熾烈な選挙戦となり
町を二分しての争いは町が大きく動きとなり 活発な町政があり
成果・結果を残す事で次期の選挙での
連続当選があった気がする

2期連続の「無競争」があった前回まで
また今回も「無競争」となったとしたら
南三陸町には人材がないのか?との外部の見解となる

悲しい現実が今の南三陸町にはある気がする

現職は「自民党2議席」「民主1議席」となっている
気仙沼市長選での対立候補の出現は「気仙沼市は違う」と市民意識を思った

「みんなの党」の現在の国民支持率は「6%」と
参院選での渡邊党首で報道での発言は国民からの支持となり
「14%」まで上がった

県議選の動きとしては市長選に立った方が未だ可能性ほ秘め
水面下で「無競争阻止」の動きが見られる
気仙沼市長選も「無競争阻止」に立ち上がった会社があり
対抗馬を支援したとも聞く

南三陸町の志津川・歌津地区からも「対抗馬」は是非出てもらい
町の活性化となる事を希望する

県議会議員の刺激となり
先人達の功績もあり更なる活躍も期待している

宮城県議会議員議長まで登り詰める地元議員が多く
前職者も20年の経験と実績を持っている

****
今度の6日日曜日に「気仙沼歌津会」が南三陸ホテル観洋で
懇親会を開催する

ここには匆々たるメンバーが顔を揃えるだろう
しかし町の議員参加者は4人?とも聞く

気仙沼で活躍している南三陸町歌津出身者の年一回の集まりである
懇親交流会の大切さがあると思う

またお祝いの席でもある「旧正月」のこの時期の開催を
会長は意義有る物と云っていた

町民の代表としての意識の面からしてどうだろう
議員の多忙はわかるが 多くの方が集まり「南三陸町」を語る事が
活動のピントともなる

気仙沼市と南三陸町を交互に開催地として
双方の活性化を図っている「気仙沼歌津会」更なる発展を祈りたい

会長・事務局からの電話での話題にも
出身地が歌津から南三陸と変わっても変わらぬ思いを感じる

****
国の資金の使い方に疑問ばかりを感じる

「子供手当て」は国会の討論のまとであり民主党の柱でもあるのに
2万6千円が「政権交代」から未だ2年も経っていないのに

その矛先を「無理的」な発言が昨日の国会で菅総理の口から出た
見直すと言う言葉である

自民党の質問も「野田氏」が消費税での民意を問う為
「解散総選挙」と声高にして言っていた

この発想は今の社会不安の国民意識の欠如であり
政治家の「政権争い」の大好きな人種を強調し
国民の政治離れの象徴でもある

大企業は政治に期待薄感を増し 独自で世界を目指している
国のトップセールスマンとしては前原氏が目に付く

新幹線・発電がそうで売り込みにあたり 上下水道は東京都の猪瀬副知事が
世界に「日本の水管理システム」を売り込んでいる

****
今は「政争」をしている場合ではなく

地方は本当に大変で 生活苦が町にも蔓延している現実と
弱者支援にピンポイントを起き支援が必要と思う

今回の補正予算の活用も「民主党的」なばらまきとも感じる
別の有効活用で「地元の経済活性化」をと思う

今後の町を代表する皆さんの動向に注視したい
町民の皆さんと「自由に語る場」「集う場」が必要と思う

こそこそではなく 見える場の活動を
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

サウザンドリーフ

Author:サウザンドリーフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。